Category

他の仕事を検討してみよう

自分の中で仕事を辞めたい理由が明確になったなら、早く次のステップへ進んだ方が効率的です。しかし、システムエンジニアから他の業種へいきなり転職するのはリスキーで、別の苦労を1からやり直さなければならない可能性もあります。そのためにも転職前の自己分析で自分の市場価値を知ることが大切です。誰かに相談をしたいと思うならば、同じ会社の同僚や上司ではなく客観的で親身なアドバイスをしてくれるエージェントを活用した方が確実かもしれません。

全く関連がない業界はリスキー

辛いシステムエンジニアの仕事を早く辞めたいと思っている時は、どんな企業でも今の環境よりはいいのではないかとも思えてしまうので、ITとは全く関係のない異業種がとても魅力的に見えるかもしれません。しかし、システムエンジニアをずっとやってきて、いきなり異業種へ転職をするというのはとてもリスキーなことです。完全に違う仕事を1から始める転職よりも、システムエンジニアとしての経験を活かせる転職の方が自分自身の負担は軽くなるでしょう。全く関連がない業界はリスキーの詳細を見る

自分の市場価値を知ろう

仕事を辞めようと決意したらすぐに転職活動をしたくなるかもしれませんが、その気持ちは一旦押さえてまずは準備から始めましょう。転職はとてもエネルギーを使うことなので、安易に決めてしまって後悔してはまた転職ということを繰り返したくはないものです。最初に考えたいのは、システムエンジニアとしての自分自身の市場価値です。社内での評価がたとえ良かったとしても、それがそのまま業界内の評価につながるわけではないため、自分を客観評価するということはとても重要です。自分の市場価値を知ろうの詳細を見る

正直に話してくれるエージェントを見つけよう

転職したいと思ってインターネットで検索すれば、すぐにいろいろな情報を目にすることができるでしょう。そして、転職エージェントというものがあることに気づくかもしれません。転職エージェントの数は実はかなり多いので、実績や規模の大小も様々です。そのため、他のエージェントと比較することなく目についたものをすぐに利用してしまうと、望むような転職ができない可能性もあるので、エージェント選びはとても重要です。正直に話してくれるエージェントを見つけようの詳細を見る

職場内メンバーには絶対相談してはいけない

仕事を辞めたいと思った時というのは、誰かに話を聞いてもらいたいと思うものです。そこで会社の同僚や先輩、上司などに辞めたいと思っている胸の内を明かしてしまうと、あっという間に説得されてしまい転職のチャンスを逃してしまいかねません。転職することが絶対の成功とは限りませんが、転職することでさらなる飛躍ができる可能性も絶対ないとは限りません。そのため、本気で転職をしたい時には相談してはいけない人がいるということを理解しておくことが大切です。職場内メンバーには絶対相談してはいけないの詳細を見る

おすすめトピックスはこちらです

あなたはなぜ辞めたいのかあなたはなぜ辞めたいのか
他の仕事を検討してみよう他の仕事を検討してみよう